晴れた日には

大学生の頃・・家から最寄りの駅までは歩いて約30分・・・。基本的には自転車で行っていたのですが、でも、暑くも寒くもなく、天気のいい日には気持ちがいいので、歩いてよく駅まで行っていた私。本当にその道のりは幸せだったな・・。あまり車どおりもないので、自然の多い田舎だったので、その気持ちよさは格別・・。あの感じをもう一度体験したいくらい・・・。

で、その間に思わぬ考えがよぎるのです・・。と言うのもこれだけ天気が良かったら、授業を建物の中で受けるのがもったいなく感じて・・そのまま駅に着いたら、定期ではなくて、パスもにチャージをし、大学とは反対の電車に乗って、海まで・・という事が多々ありました・・・特に海に行って何をするでもないのですが・・ただ、海を眺めてその海岸線をお散歩するだけ・・。一人でですが・・(笑)これが私の贅沢でした・・・。今思うと酷いさぼり方ですが・・お金の無駄・・。

で、ある日、とても天気は良かったのですが、その日は台風の翌日だったんです。でも、さすがにこれだけ天気が良かったら、波もないだろう、特に泳ぐわけでもないし・・と思って海に向かった私・・・。もちろん、案の定、波もすでに穏やかで特に問題はなかったのですが・・なんせ、びっくりしたのはその浜。

台風の後だから、流木とかが流れてきているのかな??と思ったのですが、そういった様子は特になく・・でも、その代わり打ち上げられていたのは・・多分あれはエイ・・・。尻尾も尖っていたし・・。エイが大量に浜に打ち上げられていたのです・・。そのサイズは大きな物から小さなものまで・・と言っても、小さくても手のひらよりかは全然大きかったのですが・・。それを見て、びっくり、そしてちょっと感動した私が歩き進めていくと・・今度はイカだとか、大きなカニだとか・・が打ち上げられていて・・よく分からない生物までもいたりして・・かなりテンションがアップ・・あの日の事は忘れられません・・。