東西の味

今日は、味噌おでんのレトルトを買ってみた。
名古屋の八丁味噌を使ったおでんであるが、開けて見てびっくり、
汁も具も、真っ黒である。

ここまで、真っ黒とは驚きである。
それでも味は、甘くて美味しい。
関西風の薄い色のだしに慣れてると、初めは驚く。

食文化は、愛知県あたりで変わるのだろうか。
日本の、ほぼ真ん中辺りであるから、そうかもしれない。
兵庫県の姫路おでんは、生姜じょうゆで食べる。

どうして、そのような食べ方を、するようになったのだろう。
食文化は面白い。
それでも、交通も発達して、東西の交流も頻繁になり食も交流するようになった。

結果、大阪でも東京のもんじゃが食べられ、東京でもお好み焼きが市民権を得た。
このように交わることで、新しい食も生まれるのだろう。

東京は蕎麦、大阪は、うどんと言うけれど、大阪でも美味しい蕎麦をだす店が増えた。
人の移動とともに、大阪でも蕎麦の需要が、増えたのである。

伊勢うどんは伊勢の名物である。
一センチ幅のうどんが丼に入って出てくる。
甘い醤油がかかっているだけのシンプルな、うどんである。

うどんは、柔らかく茹でてある。
名古屋のきしめんは、幅はあるが、薄っぺらい。
これは味噌煮込みうどんの、味噌味がよくしみるように、考えられたのかもしれない。

東北の稲庭うどんもそうめんに似ている、細めの麺である。
このように見ると、うどんだけでも沢山の種類がある。
それでも今、挙げた、うどんは、大阪や東京でも食べることができる。

便利な世の中に、なったものだ。
関西ではカレーには牛肉だが、関東では、豚肉が主だそうである。
そういう細かい違いはあるにせよ。

そう格差は、なくなってきた。
だが味付けはやはり、関東ではこう味が好まれる。
カップ麺や調味料の味も関東と関西ではメーカーが味付けを変えている。

各地のカップ麺を、食べ比べるのも面白い。
お土産に、買って帰るのも一興である。
それならファーストフードも各地で味が違うのか。

今度行ったら食べ比べてみよう。