テラフォーマーズが人気みたい?

テラフォーマーズという漫画が流行していますね。この漫画は、原作は、貴家悠で絵は橘賢一による漫画作品です。なぜ人気かというと、2013年の『このマンガがすごい!』オトコ編で1位そして『全国書店員が選んだおすすめコミック2013』で2位を獲得したのです。そのくらい人気があるのですね。この漫画は主に男性に人気があるようです。
ストーリーは、簡単に言えば、地球から火星にテラフォーム(移住)する計画があり、移住可能かどうかを調べるために、害虫であるゴキブリを飛ばして生きれるかどうかを調べようとしたら、火星で独自の成長を遂げてしまい、人間を襲いかかるものになってしまうというものです。

まず、この進化を遂げたゴキブリのことを「テラフォーマー」と呼ぶそうです。ゴキブリがどのように成長したかというと、身長は2メートルを超えて二足歩行になり、大きく無機質な目が特徴的です。そして、ゴキブリ特有の素早さとしぶとさと頑丈な甲皮はあり、生身の人間ではまず太刀打ちできない程の強さです。ゴキブリの力は腕力で、なんと素手で人体をバラバラに引き裂いて、宇宙船の外壁も破るほどなので、人間たちはゴキブリに負けてしまうのですね。もちろん飛行能力も残っていて、知性もあるようです。そして、知能が他のゴキブリと比べて高くて人間に近づいていると思われるほど進化したテラフォーマーも存在しています。それらは、なんと人間の銃器を分解するなども可能です。
これらのゴキブリを駆逐するために、人間たちは他の昆虫になる注射を打ち、能力を身につけて戦うしかないのです。しかし、過酷なため、結構な頻度で登場人物がゴキブリに殺されてしまうようです。

若者に人気の「テラフォーマーズ」週刊ヤングジャンプで連載をしています。これだけ人気があるとアニメ化も近そうですね。是非読んでみたいです。おもしろい漫画ってどんどん進んじゃいますし、続きがきになりますよね。とりあえず一巻を明日購入したいなと思いました。