良い紅茶の飲み方って?

紅茶って奥が深いですよね。ですが、紅茶の正しい知識を持っていたらとても素敵だと思います。しかし、日本の茶道などと同じように細かく作法があるのでしょうか?水が違うと味が全く変わってくるというように、紅茶の正しい入れ方を学んでみましょう。

まず、お水についてです。お水は、軟水が良いでしょう。汲みたてで、空気を含んでいる方がいいようです。そしてお湯についてですが100度くらいの沸騰直後のものが良いようです。ぬるかったりそれ以上のものですと良い香りが出ません。
そして、ティーポッドまで、こだわりを持ちましょう。鉄分の入ったものを使用すると、紅茶の成分と鉄分が化合してしまい、紅茶の香りを変えてしまいますし、色も黒っぽく変色してしまうようです。なので、磁器、銀製のティーポットか、ガラスのティーサーバーの使用が良いでしょう。緑茶用の急須でも大丈夫だそうです。
そして、ティーカップの形状は、香りが広がり易い浅いものが良いです。そして色がはっきり見えるように、内側は白いものがオススメです。

飲み方も様々です。紅茶の種類によって、変わってきます。例えばストレートティー向きの紅茶の葉っぱは、ダージリンは香りが強いため向いています。
ミルクティー向きなものは、濃厚なアッサムティー、渋みのあるウバティー、キーマンティーなどです。
また、フレーバーティーというものもあります。アップルティーやフランボアーズ、アールグレイなどが含まれます。
そして、ブレンドティーもあります。オレンジペコやアフタヌーンティーが有名でしょうか。

自分の好みの紅茶を見つけられたらいいですね。紅茶はやっぱり奥が深いですし・・・自分好みのフレイバーを見つけられたらいいなって思っています。結構紅茶のお店ってビルのなかに入ってたりしますよね。スタッフさんに聴いてみるのもいいかもしれないですよね。新しいことをするのはワクワクして、楽しいですね。新しい趣味にしたいなって思います。