文房具で好きな物

私は、結構文房具が好きです。有隣堂とか、本屋さんに行くと必ず文房具コーナーを見てしまうのです。

何に魅力があるかと聞かれると・・・答え難いのですが。自然と見てしまうのです。

特に好きなのは、万年筆。友人に言うと、渋いとよく言われちゃいます。確かに、今は全く使わないですよね。でも、万年筆ってとってもカッコいいと思います。

近所の文房具屋さんでも、高い物から安いものまで万年筆が販売されています。高いものだと何万ってありますよね。高級感のある、大人な文房具だと思います。見ているだけで、購入しないのか。と言われれば、そうなんです。購入する気は起きないというか、見ているだけで満足なんですよ。ただ、少し憧れはあります。万年筆で手紙を書いたり、ちょっとカッコいいなって思います。色々便利な文房具が、どんどん出来ている今、少し手間がかかる文房具も良いなって思います。

あと、万年筆と同じくらい好きなものが、ノートです。これも、色々な種類があるのですよね。クラシックな物からキャラクター物まで様々です。クラシックな物だと、万年筆向けの紙や、何年たってもインクが滲まない物や沢山の種類が出てるんですよ。紙とペンの相性はあるらしく、私の知っているクリエイティブな仕事をしている方は、「この紙とペンじゃないと仕事ができない!」と言うくらい、拘っているようです。

何でも電子化が進む今ですが、文房具は皆が慣れ親しんでいるツールですよね。これまでも、これからもそれは変わらないと思います。皆が慣れ親しみ、試行錯誤を繰り返しより使い易いものになっているツールです。

今まで人類が発明してきた事も、人と紙とペン。この3つがあってのことだと思います。文房具というのは、自分のアイディアやタスク、つまり頭の中をきっちり整頓することの出来るツールだとも思います。そういったツールに拘りを持つ生き方は、とてもカッコいいし、真似したいですね。私もしっかりこだわって文房具を持ちたいです。