男性

ホストクラブに行ったことがありません。行きたいとも思わないのですが、こういうお店で働く人は独特な雰囲気があるなと思っています。テレビや町で見かけるくらいなので、本質は分からないのですが。面白い記事があったので、今後町で見かけた人をチェックしてみるときに参考にしたいと思います。その記事は「水商売関係で働いていた男子を見抜くには」という記事です。やはり仕草などで分かるものなのでしょうか?

ますは「体を向けて話しを聞く」やはり接客業が染みついている人は、全身で話を聞く教育が徹底されているのですね!ある意味好感度は高い。「マドラーの扱いが上手い」お酒を飲まないのであまりピンと来ません。夫はジュースにストローが挿してあっても、サッサ抜いてしまいます。「ストッキングに詳しい」私はストッキングをここ十数年履いていないのでまったくピンときません。残念!靴下ならちょっとは分かるかも!あ、知識を競い合う訳では無かった。「ウイスキーと焼酎に詳しい」そんなものなのでしょうか?私も昔は詳しかったですよ。自分で飲んでいれば詳しくなるものではないでしょうか?

私自身が出会う男性で、この見分け方は使えないですが、ふと隣のカップルを盗み見するときには役に立ちそうです。決して悪いことではないので、彼が体にたたき込んできた紳士的な対応を思う存分楽しむことをおすすめします。

女性でも夜のお店で接客業をしていた人は、ライターのつけ方や、煙草の吸い方、座り方などに洗練されたものを感じます(高級店で働いていた方限定)。トップクラスのお店になると、新聞に全て目を通して、お客と時事問題について語り合ったり、株式相場の話しも出来ないといけないと聞いたことがあります。そんなお店の女性は、そこいらの女性よりも格好良いなと思います。

今そんな高級店よりも、キャバクラとかの方が良いのかもしれませんが。でもザ女の世界!という感じで夜の町を着物で、髪を結い上げて颯爽と歩いている姿は決まっています!