友情

私の場合、男友達の方が多い。これは事実です。でも、世の中では男女の間では友情が成立しないと思われがちなようです。そんなことは絶対に無いと思いますが。いつまでこういう事を題材に映画やドラマも作るのかな?と思うくらい不思議な考え方です。

理由その一「性的魅力が邪魔をする」そんなことは全く関係ありません。仲の良い友人にそんなことは関係ない!どちらかが感じていて、どちらかが感じていない。そういうパターンに陥りやすいですが、一つ山を越えればそんなことはどうでも良くなる物です。年齢にもよるかもしれませんが、そんなことは関係ない!理由その二「体の関係があると、友だちになれない」これも全くの嘘!そんなことにこだわっているから友だちになれないのです。友だちとはそんな事は凌駕した存在。何があっても友だちなのです。そんあこともあったね~くらい言えなくてどうする!理由その三「気持ちが変化する」なにそれ?全く意味が分かりません。そんなことは当たり前であって、同性同士でもあり得ること。人の心は変化していく。その変化をつかず離れず一緒に過ごしていくのが友だちだと思います。理由その四「どちらかに恋人ができたら、友情は終了する」確かに。これは一理あると思います。身体は一つなので、誰と一緒に過ごすかは必然的に恋人になるとは思います。けれど友人というのは、たまに会う、数年ぶりに合うとしても友人です。いずれは結婚し、家族もできるでしょう。それでもたまにあって肩をたたき合う。それが友人。なのでこれも一理あるけれど却下です。

男女の間でも人間同士と思えば、必ず友情は成立します。何があろうとも、友情は成立するし、それはかけがえのない物です。男だ、女だと言っている価値観の人には無理かもしれませんが。もっと広い視野で物事を見ることができないと、そもそも同性でも友情なんて育めないのではないでしょうか?異性だからもらえるアドバイスもあるわけです。社会に出ても参考になることはたくさん言ってくれます。何故視野を狭めようとするのか?不思議でなりません。