頭皮の肌荒れ

私は小学生の時に、頭皮がボロボロに荒れてしまったことがあります。
皮膚が乾燥し、痒くてかくと乾燥して浮き上がった皮膚、言ってしまえばフケですね、それが大量に出てきてしまって、かなりつらい思いをしました。

何かの病気か、はたまたアレルギーか。私と母は慌ててかかりつけの皮膚科に飛び込みました。
すると、お医者さんの口から意外な言葉が飛び出しました。

なんと乾燥の原因は、私の髪の洗い方にあったんです。
そのころ私は、髪を洗う時は痒いところもそうでないところも、つめを立てて乱暴にガシガシと洗ってしまっていたんです。
お医者さんによれば、このせいで私の頭皮の表面が傷ついき、荒れのもとになってしまったんだそうです。
さらに、私はリンスの使い方も間違っていました。
私はリンスを髪の根本からべったりとつけ、おまけに誰かから聞いた「リンスは落としきらないよう軽くすすぐだけで大丈夫」という言葉を信じて、本当に軽くしかリンスを流していなかったんです。
お医者さんによれば、リンスはそもそも毛髪にのみ効果があるものなので地肌につける必要はまったくなく、しかも軽くしか流さないことでリンスが地肌についたままのこってしまい、それがシャンプーの時に荒れた頭皮に悪影響を及ぼし、結果地肌全体に炎症や乾燥を起してしまっていた、とのことでした。

シャンプーとリンスのしかたを間違えただけでこんな大惨事にあうなんて。
私は幼心に強い衝撃を受けました。

それ以来、私は皮膚科のお医者さんに教えてもらったただしシャンプーのしかたを守り、二度とあんな事態を起さないよう徹底的に気を使っています。
そのかいあってか、私の髪は美容師さんに褒められるくらい状態のいいものになりました。
あのお医者さんには心底感謝しています。