骨粗しょう症が流行!?

食生活の乱れが横行している都会では、カルシウムやビタミンC・ビタミンKが不足して「骨粗しょう症」が流行しているそうだ。
骨粗しょう症は体の栄養が足りずに骨が弱くなる病気で高齢者に多い病気ですが、最近は新型骨粗しょう症が流行っていて、食生活の乱れから来る若者の骨粗しょう症が流行しているのだそうだ。

考えてみたら、私の身の回りの友人たちの間でも骨や歯がもろくなっている友人が多く、フランスパンを食べたら歯が折れたとか、転倒した時に鎖骨が折れたとか…
普通なら考えられない小さな事で骨折する事が多い気がします。
フランスパンで歯が折れるって…普通じゃないでしょ。
友人から話を聞いたときは信じられない気持ちでした。

歯が折れた友人も骨折しやすい友人もスタイルが良く、痩せ型のモデル体型ですごく細身です。
見た目はかっこいいけど、やっぱり栄養が足りてないのかなあと思います。
最近の日本人はみんな細いですもんね。
若い子は特にみんな体も足も細い。
でも、その分骨は弱いのかもしれません。

私は骨太なので体重はそんなに無いのに太く見える体質で悩んできましたが、歳をとればとるほど骨太で良かったとおもう日が来るのかもしれません。
私の曾祖母が長生きで100歳まで生きましたが、最後は骨がもろくなってちょっとした事で骨折をして寝たきりになってからどんどん弱っていって死を迎えました。
寝たきりになると人間の体は弱っていくものです。
自分の足で歩いて元気に生活できるうちが華です。
だから、骨を大事にして強い歯や強いの骨で元気に長生きできるように、若いうちから体造りが大切になりますね。

バランスの取れた栄養満点の食事と、軽い運動で健康生活を心がけていたら基礎体力と体の栄養バランスは整い、老化に向けてバランスのいい体が作れるはずです。
今からでも遅くない!
将来に向けて意識していこうと思います。