合否結果が気になってしまうときの過ごし方

就職活動で、受験で、合否の結果が気になってソワソワしてしまうということは誰にでもあるでしょう。何月何日までに合否の連絡をしますと伝えられ、その最後の日まで連絡がこないときには1日ドキドキですよね。何度も郵便ポストやメールチェックをしてしまう、そんな気が気でない1日をあなたならどのように過ごしますか。

友人と呑みに行く
予定がないのであれば、もうお昼から呑んでしまいましょう。頑張った特権です。友人と美味しいお酒を呑みながら吉報を待ちましょう。お酒を呑んでいるときに、内定の電話をとるなんて気まずいですか?どこの会社にもそいうった大物は存在していますよ。ドンと構えましょう。

手の込んだ料理をつくる
そんなことを言っても、友人が簡単に捕まらないというあなたには料理をお勧めします。
なるべく時間を稼ぐことができるメニューをチョイスしましょう。料理は買い物に下準備と、段取りを考えながら、材料を切ったり炒めたりと、ひとつひとつの作業に集中しやすいため、少しはメールチェックから解放されるでしょう。メニューはカツ丼、いやもう少し時間をかけて、生地から作る餃子やピザ、手打ちパスタはでいかがですか?

そうじをする
お酒を呑んで待つ度胸もなければ、料理は面倒というあなたにはそうじをお勧めします。よくそうじは運気をあげると聞きませんか。綺麗なトイレやお風呂は、風水的にも運気があがるそうですよ。待っている間に部屋をピカピカにして運気を最大限まで上げましょう。カーテンをあけて光をたっぷりと取り入れて、喚起をするとよどんでいた運気もリセットできるでしょう。大いに最後の悪あがきをして吉報を待ちましょう。

誰だって待つのは苦しいもの、きっと明日になれば今の自分とは見違えるあなたがいるでしょう。