田植えシーズン

今年も田植えのシーズンがやってきました。
例年に比べると昼間がかなり暑いと感じる今日この頃。
夜になると気温は急激に下がり寒くなるから要注意です。

私は知り合いのお米農家のおじさんから畑を借りてお米を作っています。
機械で植えたり刈ったりすれば早いのですが、私は機械も持っていないし全て手動です。
だから、昔の人たちがお米をどんな気持ちで作っていたか、どんなに苦労して作っていたかが分かります。
特に収穫の時期はすごく大変で、食べれるお米にするまでにはかなりの手間がかかります。

特に、それだけ愛情を込めて丹精込めて作り育ったお米たちが台風でやられたり、大雨でやられたり、風でやられたり、動物たちにやられたり…様々な生前災害でやられた時には言葉もありません。
自然が相手だとあきらめるしかありませんし、収穫間近でそのような事が起きるとくやしくてたまりません。

自然と共に生きるって大変な事です。

それでも、毎日緑に囲まれて地球の恩恵を受けて自然の中で暮らす暮らしは人間らしくて好きです。
米作りや畑で野菜を作ってみると分かるのですが、スーパーで売っているものとはあきらかに鮮度が違います。
野菜だって「生きてる」って主張していますもん。

スーパーで買う野菜は冷蔵庫で病気になっている野菜にしか見えません。
みんな元気がなくてシナシナです。
だから、元気のいい畑の野菜を食べたら体も元気になるだろうと思います。

春の種植えから秋の収穫まで長い付き合いになりますが、太陽に負けず水分補給をしながら自然と向き合って、ボチボチ地球と付き合って行こうと思います。
そして新米が取れたら、食が進んで太るので、今のうちに体型管理も合わせて行っておきたいと思います!