ICカードへのチャージ、いくらまでできますか。

1000円、2000円、3000円、5000円、10000円。
ICカードのチャージ額、あなたはいくらまでできますか。

10000円ぶんのチャージってなんだか勇気がいりますよね。すぐチャージがなくなって面倒くさいけれど、1000円ずつチャージしてしまうという人は多いのではないでしょうか。そして、終電間際や乗り継ぎで1分1秒を争って急いでいるときに限ってチャージ残高がなくなるなんてこと、ありがちですよね。

なぜか10000円チャージすると、お金を落としたわけでもないのに損した気分になりませんか。10000円ぶん先に貯金をしたという気持ちになれず、もし落としたらどうしようとか、10000円は交通費か、といった具合に何にでも使えたはずの10000円は、チャージされた瞬間から突然価値が下落するのです。それぐらい自分の持ち金の感覚から消えてしまった10000円ですから、財布を忘れたときや小銭がないときにジュースを飲みたいときにICカードの存在を思い出すと少しだけラッキーな気分になります。先払いをしただけのことなのに元々なかったことになる10000円、チャージの心理的効果とは不思議な物です。

では実際にはいくらのチャージが妥当なのでしょうか。
1000円のチャージを繰り返すと、どんどん交通費が減る感覚が身にしみて悲しいですし、いちいちチャージしなければいけません。遠出をしないのであれば、間をおって3000円くらいにしておくとチャージによる目減り感やチャージストレスからも解放されるでしょう。

クレジットカードは後払いシステム、欲しいものがあるとついつい買ってしまいます。先に10000円払うのは渋ってしまいますが、後で10000円払うのはあまり迷わない。不思議なものです。
それにしても学生にとってはこんな小さな先払いも少しためらってしまうもの、早く余裕を持って先払いシステムをできるようになりたいですね。