英語がしゃべれない人の一夜漬け英会話とは?

いまやビジネスや旅行に欠かせない英会話ですが、どうも自信がないという人は多いのではないでしょうか。英会話の上達には一体何が必要なのでしょうか。足りないものは単語力?度胸?発音?

I thinkから始めない!
英会話が苦手というあなた、日本語をそのまま英訳していませんか。例えば「この映画はハラハラドキドキで面白いと思う」と言いたいとき、I think this movie is exciting.と日本語と同じように頭からそのまま訳していませんか。それは間違いではありません。伝わります。でも考え方が、英語の発想とは違うのです。英語と日本語は異なる言語ですから、日本語をそのまま英語に変換するには限界があります。
英語は主語が「私」より、「物」になることが多い言語です。私は~で~だったと頭から訳すと限界が訪れることが多く、英語式発想に切り替えてしまえば訳せるケースは多々あるでしょう。そのためには物を主語にして考えてみる癖をつけてみましょう。同じ映画についてでも、This movie makes me excited.とすぐに言える方が英語らしいでしょう。脱I think!

過去完了が頭の中で登場していませんか。
英語初心者のあなたにとって、時制を気にして話すというのは至難の業でしょう。過去完了は文法の試験で良く出てくるほどややこしく、その場で一度考えてしまう強敵です。こんな煩わしい文法について気にしたら負けです。会話は基本的に、現在形と過去形で事足りるでしょう。過去完了が登場してくる場合、一文が長いのです。過去形の短い文章をたくさん組み合わせることで乗り切りましょう。

まじめ。
ジョークを言って雰囲気を良くできることもまた会話力。難しい言葉を使わなくても、場を和ませることはできるものです。例えば、Oh it’s me.という一言を覚えておくだけで、絶対にどこかで使えるはずです。俳優の写真を指さしてこの一言、痛いエピソードを読んだり聞いたりしたあとこの一言。どうせしゃべれない言語なのです。周りにどう言われようと訳せません(苦笑)適当にジョークを言い放ちましょう。

突然の英会話面接、スピーチはこんな一夜漬けで乗り越えましょう。