旅にはこの3つを持っていけ!

みなさんはこれから旅行の計画はありますか。今日は旅先に持っていくべし、旅行をさらに盛り上げること間違いなしのマストアイテム3つをご紹介します。

1礼儀  2愛想  3情報

この3つを持っていくだけで、ガイドブックやツアーにはない旅を満喫することができます。

まず礼儀ですが、とても簡単です。「ありがとう」と「こんにちは」がこれでもかと言うほどの笑顔で言えれば充分合格です。挨拶+質問の会話でどんどん現地の人に話しかけましょう。
「こんにちは、満面の笑顔!今何をしているところですか?」
質問を重ねて色々教えてもらいましょう。ガイドブックにはない発見がでてくるでしょう。

次に愛想です。
店主に「お父さん、これおいしい!こんなの食べたことない!」と言ってみましょう。お父さんやお姉さん、といった言葉で笑顔で距離を縮めるのがコツです。若い女性ならおまけしてくれる可能性大です。
そしてそんな店主がいる店にあたったらすかさず、困っていることを解決してしまいきましょう。
「これから夕日を見に行きたいんだけど、お父さんどこかいいとこ知らない?」
おそらく地元民情報を快く教えてくれるでしょう。
「ここをずっと左に歩いたところにいいとこあるよ。途中に花畑があるからお花でも摘んでいったら?」

最後に情報です。どんな情報でもいいので、あなたの知識や地元の情報をたくさん持って旅に出かけましょう。情報がないというあなたには、あなたの地元の名産や小さな手みやげひとつでもいいでしょう。きっと旅先で役立つはずです。旅先でいい情報を教えてもらったとき、素敵な人に出会ったとき、何かお返しがしたいときに喜ばれるでしょう。
物々交換の旅は良い循環を作り出して、ガイドブックにはない出会いを呼んでくれます。
店主が教えてくれたお花畑で摘んだ花を、急にトイレを貸してもらった家に渡し、ごはんをごちそうになった。そんな具合に不思議と縁はつながっていくものです。
いかがですか。わくわくしてきませんか。さぁ、礼儀、愛想、情報を持って出発です!