プチストレスになるものって?

職場で人間関係がうまくいかない、離婚を考えているなど重たいストレスではない小さな壁は日々の生活にたちはだかっています。皆が感じたことがあるプチストレスとは。

絡まったネックレスがほどけない。
これは作業も細かく、長期戦になることもしばしばあります。長引けば長引くほど、ストレスが溜まり、ご機嫌も急降下です。絡まったネックレスを上手にほどくには、机の上にネックレスを置き、絡まっている部分を爪楊枝やピンなど先端の細いもので何度かついているとしだいにほどけてきますよ。

ぷちぷちがうまくつぶせない。
割れ物を保護するために入っているぷちぷち。昨今はぷちぷちをつぶす感覚を楽しめるおもちゃも発売されているほど、ぷちぷちを潰す感覚は快感であるということが市民権を得てきています。しかしあのぷちぷち、カスッと空気が抜けて不発だと悲しいものです。不発のぷちぷちが続くとだんだんイライラなんてありませんか。

カレーライスのごはんが大量に余る。
ルーとごはんを同じペースで食べ進めたい。それであれば、最初に全部かき混ぜればいいと言われそうですが、乙女たるもの、カレーも綺麗に食べたいのです。お店やカフェのプレートごはんにありがちなのが、明らかにルーが少なく盛りつけされていること、見た目の美しさを重視したのでしょうか。ルーが余るのは許せても、ごはんだけ大量に余ると少し損をしたような気分になりませんか。ごはんだけ食べるのはなんだかなぁ、なんで少しルーを少なめにいれるのかなぁ、そこで少し考えてしまう自分がいるのです。

プチストレスでイライラしない一番のコツは諦めることとこだわりを持たないことです。ネックレスが絡まってほどけなかったら諦める。ぷちぷちが潰せないなるもう辞める。根気よく続けようとするとストレスになるので、どうでもいい事柄はすぐにやめましょう。諦め上手になればストレスフリーに近づけます。