上手に嘘をつくには?

あなたは嘘をつくのが上手ですか。バレない自信がありますか。誰だって嘘をついたことはあることでしょう。それが人を傷つけないための嘘であるのか、単にその場をやり過ごすための嘘なのか、悪意のある嘘なのかは人それぞれだと思いますが、これから先も嘘をつかなければいけないときはやってくるでしょう。いつかまたやってくる嘘をつかなければいけないとき、どうせ嘘をつくならばバレない嘘をつきたいものです。その日のために事前に心の準備をしてみましょう。

日常会話の中で次々とジョークがでる人は嘘が上手。
テンポよく嘘をつくことが重要です。嘘の部分が気にならないように、時の流れをとめないように「サラッとテンポよく」がコツです。そのために日頃から日常会話でジョークを言うタイミングをシミュレーションしてみましょう。調子がいい人は、テンポのいい人です。

自分の言っていることは嘘ではないと信じている人は嘘が上手。
嘘を表情にださないために罪悪感を捨てましょう。事実をかなり膨らました話でも、ネタもとは嘘ではない。そのように思い込んで堂々としていましょう。自信のある受け答えに疑問を抱く相手は少ないでしょう。ただし毎度嘘をついていると虚言癖になってしまうので、本当に必要な優しい嘘だけに使ってくださいね。

逆算が早い人は嘘が上手。
嘘がバレないためには、逆算して辻褄を合わせる能力と論理的思考が必要です。日頃から面倒でも考えることを怠らないようにしましょう。少しでもおかしいと思ったことは、徹底追及する癖をつけましょう。

嘘をつくのも一苦労です。そう、結局嘘をつかないことが一番楽なのかもしれません。嘘をつかない人という信頼があること、疑われないことがばれない嘘への近道かもしれません。