彼ママの攻略法、これができれば合格!

恋人の家族に挨拶に行く、緊張の瞬間ですね。彼ママが子どもを溺愛していればいるほど、そのチェックの目が厳しくなるのは当然のことです。ハードルが高いですが、将来を考えた付き合いならば避けては通れない最初の壁です。あなたはどのくらいクリアできますか。

ベースの顔は笑顔。
笑顔で挨拶は基本中の基本です。お礼がきちんと言えることも言うまでもありません。彼ママの前で自分が話すときだけでなく、話をきいているときや何気ないときも、ベースの状態で笑顔を保てるようにすることが必要です。嫌なことを言われても、ちょっと引く出来事があっても表情にだしてはいけません。まるで接客業ですが、この日だけはこれらの職についている人をお手本にしましょう。

手土産は風呂敷に包んで渡す。
ついつい紙袋にいれたまま渡してしまう手土産ですが、風呂敷に包んで渡すというのが正式な渡し方です。これができれば一気に点数アップです。風呂敷も若々しくセンスのあるものを選べるとより良いですね。

定番の白いワンピースもいいけれど、紺色もおすすめ。
白いワンピースももちろん清楚ですが、意外に紺色もきちんと感があり、主張しすぎずとてもおすすめの色です。実はさわやか且つ清楚な雰囲気を演出できる色です。いかにも狙った感がなく、普段お上品な格好をしないという人にも手のだしやすい色です。

褒める。
彼ママ自身はそんなことは意識していないでしょうが、褒められて嫌な気分になる人はいません。とにかく褒めちぎりましょう。手料理がおいしい、器が素敵、お肌がきれい、なんでもいいのです。

読んだだけでげっそりでしょうか。一度見方につけてしまえば、今後が楽ですよ。がんばってくださいね。