恋愛で迷子になったら物に変換?!

彼女がいるのにアプローチをかけてくる彼、その彼はイケメンで仕事もできて私のタイプ。彼と話をすると、「俺、A子ちゃんのこと好きになっちゃうかもしれない。」一体どういう考えで私に近づいてくるのだろう。私は一体どうすればいいのだろう。

恋は盲目とはいいますが、端からみると答えはシンプルなのに「惚れたが負け」真実が本人にだけ見えないということはよくりますよね。今回のようなケースは完全、彼はA子ちゃんと本気でつき合いたいならば、彼女と別れてから話をすればいいだけのこと。別れもしないで同時進行しようとするような男性である、それだけのことですね。

さて第3者なら恋の謎解きは簡単です。ということは、自分で自分の謎を解こうとするならば第3者になれればいいのです。
お金持ちで高い洋服を着ている彼、その彼はオシャレが趣味なので見た目は洗練されています。彼は暇な時間があると、趣味のウィンドウショッピングに出かけます。そこで一目で気に入った洋服があれば、即買いしますは、気になる洋服を見つけるととりあえず目星をつけて、またお店に見にきます。今回は思い出したらいつでも買えるように、問い合わせをしやすいように「気に入った」と店員さんに告げ、商品の品番を控えておきました。

さぁどうでしょう?気になる洋服のA子ちゃん、少しでも立ち位置がわかりましたか。物に例えてみて、少しでも「ん?」と思ったらそこでストップです。私だから振り向いてくれるかも、もう少し時間があれば、彼の私への想いは…なんて考え始めてはいけません。人は自分自身への評価は甘くなるもの、そんんななかで湧いた「ん?」は確実に黒い影といえるでしょう。
恋愛で迷子になったときは、あなたを物に変換、それから判断しましょう。