ついつい先のばしにしてしまうものは?

即答すればいいのについつい先延ばしにしてしまうものってありませんか。あなたは最近どんなことを先延ばしにしましたか。

飲み会などの集まりの出欠報告。
「また連絡する」と言って、結局ぎりぎりの日に連絡する。ぎりぎりに連絡すればまだいい方かもしれません。連絡しない=行く意思がないことを悟ってほしいかのように、連絡をしない人もいますよね。一言断ればいいだけなのに、なぜかその一言を後回しにしてしまっていませんか。あわよくば相手が空気を呼んで、言わずにすんだらいいなと考えている人、周りから友達がいなくなってしまうので最低限のマナーを守りましょう。

お金の振込み。
旅行の予約やインターネットで何かを申し込み銀行振込を選んだ際、この場合もなぜか振込期限ギリギリまで振り込まないということがありませんか。ギリギリまでキャンセルしようか迷ったり、考えることを先送りしてしまうのです。
後でギリギリになってから考えても、今考えても手間は変わらないはずです。潔く決めましょう。お金払いがきちんとできないなんて社会人として恥ずかしいことですよね。

結婚の決断。
これは重たい先延ばしですね(笑)理由は様々だと思いますが、これをしている人は多いのでは?あまり先延ばしすると相手に迫られて、嫌になってしまうか、相手に愛想をつかされてしまうかのどちらかになる結末が待っています。

何にしろ期限があるものはギリギリまでついついルーズになってしまいますが、そのぶん余裕をもって潔く決断できる人は好感度大です。周囲のことを考えて、結論は早めに、できることからやっていきましょう。早めの出欠の返信、締め切り2?3日前行動で好感度があがることは間違いなしです。